つわり いつまで

つわりはいつまで続く?【ビタミンB6がつわりにいい?】
Line

つわりはいつまで続く?【ビタミンB6がつわりにいい?】


ここでは、つわりはいつまで続く?ビタミンB6がつわりにいい?に関することをお話しています。


はじめまして!ユリカといいます。

出産してから3ヶ月のひよっこママです。

私は妊娠中、すごくつわりがひどくって、

・つわりはいつまで続くの?
・ビタミンB6がつわりにいい?


といったことを調べて、どうにか乗り越えました。

何かしらのご参考になったら嬉しいです。

後半の方では、私がつわり対策に飲んでいたビタミンB6を含むサプリのお話もしています。


Line

つわりっていつまで続く?


つわりがいつまで続くのかは個人差があり、

・8週目
・10週目
・11週目


がピークだったという方が多いです。

妊娠2ヶ月くらいから始まることが多くて、長い人はなんと産むまで続くというケースもあります。

我慢していれば、そのうち終わるとはいえないわけですね。

なので、安静にしている、無理をしないようにするっていうことだけじゃなく、つらいつわりを乗り越えるために、積極的な対策を取った方がいいでしょう。


Line

つわりの吐き気がひどい!自分でできる対策はある?


今、振り返っても、私はピーク時のつわり(悪阻)がひどい方だったと思います。

吐き気がひどいタイプのつわりで、水を飲んでも吐いてました。

もう日常生活を送ることもできないので、自分でできる対策を必死で調べたんです。

一般的な対策法としては、

・飴をなめる
・呼吸を整える


とか、

・冷奴がいい
・そうめんがいい
・アイスがいい
・するめを噛む
・炭酸水がいい
・しょうがを入れる


とか、

・小分けにして食べる
・無理して食べない
・ひたすら休む



なんてよくいわれていますよね。

あなたが実践されたことがある方法もあるかもしれませんし、私も一通り試しました。

でも、こういった対策とは比べ物にならないくらい効果が実感できたのは、ビタミンB6が配合されたサプリメントでしたね。


Line

先輩妊婦さんに教わったビタミンB6配合サプリ


私もつわりがひどくなるまで知らなかったんですけど、ビタミンB6は、

・海外でも多くの論文で妊婦のつわり対策に効果ありといわれている
・日本では産婦人科のつわり対策の点滴で使われている

成分なんですね。

当然、過剰摂取はダメですが、適切な量を摂取すれば、ひどいつわりを抑える効果が期待できます。


ビタミンB6を摂らなくちゃ!っていうことで、ビタミンB6配合サプリを探すことにしたんですが・・・。

たくさん商品がありすぎて、どれがいいのかわかりません!!!

どれにしようかと吐き気と闘いながら迷っていたら、産婦人科の待合室で妊婦検診に来ていた先輩妊婦さん(二人目のご出産)とつわりの話になって。


「つわりで吐き気がひどくてつらいんです」

とグチったら、

「ビタミンB6が入ったサプリがいいですよ。

私も一人目の時は吐きづわりで苦しんでたんですけど、葉酸とビタミンやミネラルがまとめて摂れるベルタ葉酸を飲んだら治まりました。」

というアドバイスをしてくれました。

その時、先輩妊婦さんが教えてくれたのが、ビタミンB6も配合されている葉酸サプリのベルタ葉酸サプリです。


Line

ビタミンB6はもちろん、豊富な野菜の栄養を配合している葉酸サプリ




 もっと詳しく見てみる

価格:単品5980円、定期コース1ヵ月3980円(共に送料無料)

特徴:天然素材、葉酸400μg、ビタミンB6、鉄分、カルシウム、亜鉛を含んだ27種類のビタミンミネラル配合、18種類の野菜配合、コラーゲンなども配合


私の解説:二人目のご出産間近な先輩妊婦さんがピーク時のつわり対策にもいいですよと教えてくれたのが、このベルタ葉酸サプリです。

つわり対策に良いビタミンB6が配合されている以外にも、

・葉酸
・鉄分
・カルシウム
・亜鉛


などの妊娠・出産に必要な栄養素が摂れる妊婦にはうってつけのサプリでしょう。

なんといっても添加物無添加ですし、18種類の野菜や酵母、黒酢もろみといった天然素材を原料にして作られているため、安全性が高くて安心できます。

また、出産後のママの体のケアにも役立つ

・コラーゲン
・プラセンタ
・ヒアルロン酸

などの美容成分が含まれているのも助かりました。


無添加で天然素材を原料にしているので、お値段的には安いとはいえず、1ヶ月分だと6千円くらいになってしまいます。

でも、定期コースを利用すれば、送料込みで4千円くらいになりますから、とてもお得です。

葉酸が大事ってことは私も知っていたので、それまではドラッグストアで千円以下の安い葉酸サプリを買って飲んでました。

ビタミンB6もドラッグストアの安いのは飲んでみたんですけど、つわりが全く治まらなくて、いいやつなら効果があるかな?と思って、勇気を出して切り替えてみたんです。


ピーク時は吐きづわりがひどすぎてマトモに日常生活を送ることもできませんでしたし、

ろくに食べられないので、赤ちゃんにも良くないんじゃないかと心配で、藁にもすがる気持ちでした。

そしたら、飲み始めて割とすぐにつわりが治まって、切り替えてよかった!と思いました。

あなたも少し前の私みたいにひどいつわりに悩んでいるなら、ぜひ試してみてください。

いつ終わるかわからないつわりのピークを我慢してやり過ごそうとすると、ストレスになってしまいますよ。

※定期コースは半年継続が条件なので、お試しで1ヶ月分買いたい時は、単発での購入がいいと思います。



 ベルタ葉酸サプリをもっと詳しく見てみる

主な成分表示:酵母、黒酢もろみ、ツバメの巣、コラーゲン、プラセンタ、キャベツ、ごぼう、玉ねぎ、にんにく、大麦若葉、ケール、ブロッコリー、カボチャ、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、ゴーヤ、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、トマト、貝殻カルシウム、セルロース、クエン酸第一鉄ナトリウム、葉酸、ステアリン酸カルシウム、クエン酸、ビタミンB6、珊瑚カルシウム、ビオチン、B-カロテン、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸Ca、ビタミンB2、ビタミンB1、ヒアルロン酸、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB12


Line

ベルタ葉酸はつわり対策以外にも飲んだ方がいい?


私はピーク時の吐きづわりがひどすぎてつらかったので、その対策としてビタミンB6が配合されているベルタ葉酸サプリに切り替えました。

でも、出産してから、

ベルタ葉酸に配合されている葉酸や亜鉛、鉄分などの豊富な栄養素たちが赤ちゃんと私の体のためになっていたとわかったんです。


あなたもご存知のように、

妊娠の初期から中期には、不足しないよう葉酸を摂取することが推奨されています。

赤ちゃんにとって必要な栄養素が不足してしまうと、

・障害
・アレルギー
・体質


などの赤ちゃんの健康に良くない影響が出てしまうかもしれないのです。


他の栄養素も大切ですが、

葉酸は特にすごく重要だといわれていて、厚生労働省のサイトや母子手帳でも、「食事以外で」1日400ナノグラム摂取するようにと書かれています。


ベルタ葉酸サプリに替えるまで、私は千円以下のドラッグストアで売られている葉酸サプリを飲んでいましたが、後になって考えてみたら、

・化学合成
・大量生産


のサプリなんですよね。


たぶん、国産ではないでしょうし、栄養素が本当に効果があるのかもわからず、添加物がかえってマイナスになっていたかもしれません。

あの時、先輩妊婦さんに勧められた通りに、品質が高くて安全なベルタ葉酸にして良かったと思います。

妊娠・出産に必要になる

・鉄分
・亜鉛
・27種類のビタミンミネラル
・18種類の野菜の栄養素


といった栄養素が赤ちゃんの健康な成長に役立ってくれたと思いますし、

無添加で天然素材から抽出されたものなので、体内での吸収率も良かったんじゃないでしょうか。

私が飲んでいた頃には、つわりが治まっただけでも十分満足してたんですけど、結果オーライですよね。

もし、つわりがつらくて、ビタミンB6配合のサプリを検討してたら、ぜひベルタ葉酸サプリも候補に入れてみてください。



 ベルタ葉酸の公式ページはこちらをクリック


パスワード:24t3frgpdw

妊娠している女性のほとんどがつわりで悩んでいます。妊娠検査薬陽性「このつわりはいつまで続くの?」と悩むこともあるでしょう。つわりは始まりが妊娠4〜6週目で終わりは妊娠14〜16週目と言われています。つわりの症状として、代表的なのが吐き気です。妊娠を経験した女性のほとんどが吐き気を感じています。特に食べ物のにおいが耐えられなくなり、嘔吐を繰り返した結果、貧血で倒れることもあります。なぜ、この時期につわりが起こるのか?その理由については解明されていませんが、この時期は胎児の体が形成されている時期です。体内で細胞分裂が繰り返し行われていることの副作用として発症している可能性があります。そう考えると、元気な赤ちゃんを産むためには仕方がないことですが、やはり辛いのは嫌ですよね。先述のようにつわりがひどくなると食欲が低下します。でも、妊娠している女性はお腹の中の赤ちゃんも含めて2人分の栄養を摂らなければいけません。もし、無理して食べようとすると精神的にストレスを感じてしまいます。ストレスを感じると、女性ホルモンの分泌が低下し妊娠に悪影響を与えます。ですので、つわりの時の食事はいかにストレスを感じずに食事を摂るかが重要です。まずは空腹をなるべく避けることが重要なので、つねに少量でもいいので、定期的に食事をしましょう。この時に自分の好きなものや食べられるものを食べるのがいいでしょう。また酸味の効いたものは食欲を増進させるので、梅干しやレモン汁を食事に取り入れるのがいいでしょう。「いつまで食事に気を付けなければいけないの?」と思うでしょうが、つわりの症状が治まれば普通の食事に戻してもらって構いません。ビタミンB6というのは水溶性ビタミンの一種で、貧血などに効果があります。主にサツマイモや豚、鳥などの動物のレバーに含まれています。実はこのビタミンB6はつわりの症状を抑えるのに非常に効果が高いんですね。その理由については解明されていませんが、実際にビタミンB6を毎日摂取している妊婦はつわりの症状が軽いです。また、つわりがひどい場合は病院で点滴を打ちますが、点滴にもビタミンB6が配合されています。このように非常に効果が高い栄養分ですが、多く摂取しても尿として流れてしまいます。また、過剰摂取は神経に悪影響を与える可能性があるので、必ず1日1.7mgは守ってください。つわりというのは、いつまで続くかわからない長期戦です。栄養や対策をしっかりとって、乗り越えましょう。http://www.soya-farm.com/
Line