それが本当に人間の生き方だろうか?|つわり いつまで

それが本当に人間の生き方だろうか?|つわり いつまで
Line

それが本当に人間の生き方だろうか?|つわり いつまで


それが本当に人間の生き方だろうか?

実は私自身もそのようなことを思い考えてしまうことがあります。

その答えは一つです。

今の時代日本人の生活システムといいますか便利な時代ではありますが、子供を育てていく時代としてはちょっと困難なことが多いのではないでしょうか?少子化時代ではなくこれが当たり前の時代に突入したということです。

昭和の子だくさんの時代に比べるとさびしい時代となりましたね。

もっとたくさんこどもがいたらどんなに楽しいことか。

最近では子供の笑い声一つ考えてみても少なくなったようえな気さえします。

ほんとにいやな時代ともいえる気もします。

それに最近の子供は子供らしくない子供であり、大人か子供かわからんような考えを持っていて、可愛くありませんね年代関係なく私はそう思っています。

私自身にも子供は三人いるのですが、わが子でさえそう考えてしまいます。

日本はこれから先どうなってしまうのでしょうか?ただ一ついえるのは、子供をの望まないのが本当に人間らしい生き方かどうかという点もあると思いますが。


元プロテニス選手の杉山愛さんも不妊治療を行い、流産の末に、39歳で、女優として人気の永作博美さんは不妊治療の末に二人のお子さんを出産、野口五郎さんと結婚した女優の三井ゆりさんは辛い不妊治療を続けて、男の子と女の子を出産、バスケットボール選手の北卓也さんの奥さんの久保恵子さんも不妊治療、体外受精を行い、女子を出産、元スケート選手で政治家の野田聖子さんは不妊治療を10年続けて、最終的には卵子提供を受けて体外受精で50歳で出産、
Line