何故、我が子を虐待できるのか|つわり いつまで

何故、我が子を虐待できるのか|つわり いつまで
Line

何故、我が子を虐待できるのか|つわり いつまで


「何故、我が子を虐待できるのか」

我が子の虐待ニュースを見るたびに、人間としてその様なことが何故出来るのだろうと思ってしまいます。

事件で報じられている当事者は「泣き止まなかったから」等という言葉を使います。

母親と父親に虐待されていた赤ちゃんの事を思うとどんなに辛かっただろうと、胸が締め付けられる思いがします。

何の為に生まれてきたのでしょう。

育児に悩んでいたからと言う人もいますが、昔だってそういう親はいたはずです。

今はあまりにも親になる人達自身の考え方や行動が、成熟した大人になっていないのではないかと思います。

世の中には恐ろしいアニメや不気味な映画、テレビでは騒がしいだけの番組、自己中心的なものの考え方をする人達が多いように思います。

虐待をする親にしてしまった、その人の両親が物の道理を家庭できちっと教えることをしてこなかった結果だと思います。

虐待をしてしまう親自身も育ってきた家庭環境の中で、物の良し悪しを親の背中をみて学ぶことが出来てこなかったのだと思います。

単に虐待をする親だけが悪いのではなく、そういう人間に育ててしまった両親の責任も多分にあるのだと思います。

親になり子供を育てるということは、いかに自分で考え正しい答えを見い出し自立させていくかという大切な使命を持っているのだと思います。


ダイアモンドユカイさんは閉塞性無精子症で、体外受精によってお子さんを授かった、プロゴルファーの横田真一さんと結婚した女優の穴井裕子さんは子宮内膜症で不妊治療を行い、二人のお子さんに恵まれる、清水圭の奥さんとしても知られる香坂みゆきさんは不妊治療を行って、二人の男の子を出産、子宮内膜症で不妊治療の末に二人の女の子を出産した女優の石田ひかりさん、男性不妊で体外受精によってお子さんを授かったWBC元世界王者の井岡弘樹さん、
Line