卵子が古いと胎児に影響がでる?

卵子が古いと胎児に影響がでる?
Line

卵子が古いと胎児に影響がでる?

卵子が古いと胎児に影響が出る場合があります。

古いというのは、老化しているということ。

卵子は、年齢が上がるにつれて、どんどん老化していきます。

すると、未成熟の卵子が増えて、そして卵子の数は減っていきます。

それだけではありません。

卵子が老化していくと、染色体異常を持っていることがあるのです。

染色体異常があれば、胎児は成長できず、死産になってしまう可能性が非常に高いのです。

もし、出産できたとしても、ダウン症児として生まれてきます。

ダウン症の子供が生まれる確率は、20代で1/2000に対して、45歳では1/30と非常に高くなるんです。

必ずしも、それは卵子が古いからという理由ではありません。

精子に問題がある場合もあります。

ですので、もし先で子供を欲しいと思っているのであれば、卵子を古くしない、老化させないことが重要となります。

年齢が上がるにつれて卵子は老化しますが、卵子の老化を防ぐことはできます。

体を温め、喫煙はやめる、栄養バランスのよい食事をし、運動をする。

こういったことで卵子の老化を防ぐことができますので、子供が欲しいのであれば是非実践するようにしましょう。

Line